ブログトップ

新・釣りは気ままに汐まかせ

yo5mejina.exblog.jp

レディース・アングラーの                   釣日誌

2011年 1月 宮崎県南 栄松港 かいゆう丸  大島 ヤヒョウ

   冬の大島 2010年1月
クラブの大会も終わり、疲れも取れたので次の釣行を計画、早めの予約で大島:
栄松・かいゆう丸に電話を入れる。船長が当日はヤヒョウが空いてますから
おさえておきますと、当日は3時の1番船ですので、自宅を1時に出発・・・
いつものようにコンビニに寄りながら2時30分到着でした。


夜が明けるまで約4時間、今日は暖をとるために色々準備して来ましたので、先ずは
身体を温めるホットコーヒーを、そして、おにぎりと温かいみそ汁を
頂きながら時間を過ごしました。::::
夜釣りの仕掛けも一応持ってきましたので、しばらく遊びますか…と言うことで、
4号竿にライン6号のリールを取りつけハリス7号を結び、その先にはささ
め針の20号にエサのキビナゴを付けて電気ウキで流し始めました。
何度か流しては際に寄せての繰り返しをしていると、ウキがゆらゆらと沈み暗闇から
消えた…合わせをいれると何かが軽く引く、次の瞬間強烈な引きに変わった。
全身で竿を立って、とにかくリールを巻続けると白い魚影が…でかい…
旦那さんの誘導で大きな獲物を近くに寄せる…何だこれでもう一度…でかい、
旦那さんがたもですくおうとするが、なかなかたもにはいらないどうにかタモに
入った…やった!その後はしばらく☆★×≠※※▽で言葉にならない。
あがって来たのはヒラスズキの5kオーバーでした。困ったメジナ用のクーラーには
入らない!旦那さんがかいゆう丸に電話すると、船長さんが大きなクーラーを
持ってきてくれました。疲れ切った身体とドキドキしている今の自分を押さえる
為に、時間をとることにしてしばらく竿を休ませた。その後何度か仕掛けを
流しましたが、反応が有りませんでしたのでこれにて夜釣りは納竿にして、
朝間づめのメジナ釣り仕掛けの準備に取りかかりました。:::
 
何が釣れるかな…シブダイかなとか思いながらウキをみていました

上がった姿をみてドキドキが強くなった時間でした

80cmオーバー   重量5kオーバー

::::::夜が明けました::::::::::::::

メジナの釣りに専念します。
今日の上がり瀬「ヤヒョウ」は以前も上がった事が有りますので、釣り座を決めて
仕掛けを流し始めました。8時を過ぎた頃
最初のあたりが足の裏サイズをゲットその後すぐに今日一番のメジナを::
嬉しいkオーバーのサイズ(お腹は白子でいっぱい)は
検量で46.5cm/1.8kg
(釣り具のポイントさん検量)でした。:::魚拓を頂きました::::::

旦那さんは釣りはそこそこで、この瞬間をまっているのかな(笑)
竿にのった魚の引きを確かめながら、右に倒したり、左に倒したりしながら、
瀬切れしないように浮かせる事が出来ました。メジナの姿を確認した時の嬉しは、
たまりませんね
でも、今日もバラシは多かったのです。:::今日も反省の時間が
  
自己最高には及びませんでしたが今年のメジナ釣果は嬉しいこのサイズから始まりました
今日は朝と納竿1時間前に楽しい時間を過ごすことが出来ました。途中9時頃から
15時までは強風と、不安定な潮の流れでメジナの時間は有りません
でしたが、仕掛けを替えながら釣れるタイミングを待ち続けて二人合わせて2ケタの
嬉しい釣果でした。カメラマン(旦那さん)は12時には疲れたと言って
早々と竿をバックに納めてしまいましたが、我慢のつり時間を過ごした私には、
上り潮がくれた沢山のメジナが::仕掛けも良かったようです。いつもの仕掛けが
潮に揉まれて入っていきますが、ラインを送りながら張っていると
「リールからラインがパラパラパラと出ていく」この瞬間がたまりませんね短時間に
数尾の追加をしたところで、かいゆう丸が釣り座の前を通り、奥の瀬に回収に行きます
ので私も納竿に致しました。あと1時間早く潮が変わって釣る時
間が長くなったら…クーラー満タンだったかもね:::::::::YO-KO

ウキは0の小粒のサイズにジンタンを打ち、水面下10cm程度に漂わせて流すと
風の抵抗も受けなくて微妙なあたりも分かりますよ。もし、仕掛けが潮
の揉まれて沈んで行ってもラインを止めていると体感ショックが、
私の一番好きな仕掛けです。:::::::::::::::::

かいゆう丸船付にて::: 検量に並ぶヒラスズキと1番メジナ

 
かいゆう丸ブログよりお借りしてきました画像です

こんな竿の曲がりが何度も何度も楽しめました::早めに次の釣行も計画しなくちゃね

[PR]
by turihakimamani | 2015-05-03 16:39 | 残しておきたい釣行記