ブログトップ

新・釣りは気ままに汐まかせ

yo5mejina.exblog.jp

レディース・アングラーの                   釣日誌

2014年12月 宮崎県北 門川港 磯八丸  門川沖 沖松のオモテ

      2014年釣り納めかな

2014年12月21日 
大潮:満潮 6時00分 干潮 11時30分 晴れ/北の風は強風



日本全国爆弾低気圧の気象図の中、宮崎だけは通常の冬の季節です。
そんな日曜日
TEAMの定例会が予定されていましたが、海は町中と違い大荒れの波高状態、
都井岬の磯釣り場の形状からは無理と判断して延期となりました。
天気は良い一日の予報・・ならば北はどうかなと・・門川/磯八丸に電話する。
船長の判断は19時の予報で決定する事になったので連絡を待つ・・
風裏で良かったら船を出しますよと、即座にOKの返事をしてエサの準備に
e0339519_10091594.jpg
コノ時間から冷凍生が解凍するか不安だったので、
ヒロキューのキザミッコ3kと角3kを
、他に集魚材3袋:海苔の力/イッキフカセ/制覇グレ/パン粉6k
/付け餌3種・・今日が今年の釣り納めになるかも知れないので、
いつもと違った豪華な撒き餌になりました。・・・・・・・・・・・・・!
e0339519_10135650.jpg
5時30分集合・・6時00分出港で磯八丸は沖磯を目指しました。
途中他の渡船4隻も沖磯に向かって走っています。いつもなら何処の渡船も
大枇榔の当番瀬の前に並ぶのですが、本日は枇榔方面と沖松/地松方面の
2つに分かれています。
e0339519_10131070.jpg
私たちの上船:磯八丸は、
沖松方面に直行・・他2隻、
ポイント優先選択で今日の釣果はどう左右されるでしょうかね。
私たち2名は沖松の表側に瀬上がりしました。
e0339519_10145315.jpg
船長の教えで・・ワレを挟んで2つに分かれて釣り開始
e0339519_10104620.jpg
アタリ・・掛けた
e0339519_10120705.jpg
e0339519_10164452.jpg
突っ込んだ・・ウキがみえる処まで引き上げた

2投目でヒット・・34~5のグレでした・これでボーズは無いとちょっと落ち着いた。

タモにはいったの見て、陽射しがあたる方向から撮れるようにカメラマンは移動した

その後、大きなアタリが4回ほどありました。
2度はタモ入れ寸前に針を切られてサヨウナラ
他は、アタリ・・竿が大きく弓なりに・・瞬間・・軽くなる・・針がない!
e0339519_10213544.jpg

お煮付け・・ネットレシピは漁師の妻の料理で姿煮・・コレは表だけね!

鍋に各種調味料と水・・生姜を入れて沸騰させた後に、アカハタを入れ落としぶたを
して強火で5分煮込むと出来上がり
皿に盛りつけて生生姜を添えて一品完成・・色も形も変わらずに上手に出来ました。

この魚・・・とにかく全体に身が多かったのと、船長さんが言っていたように
コレが一番でしね!さてさて?釣り上げたアカハタを頂(食)けるのは、
コレが最初で最後かな!今度狙ってみるか それから専属カメラマンが釣った
石鯛のしゃぶしゃぶも最高でした。
e0339519_10210021.jpg
はーい 裏はお刺身になりました・・
食感は根魚の美味さでコリコリで美味しかったです。

皆さんに聞いたら・・
お煮付けがうまいよ! お刺身もいいよ! フライや中華風に
蒸して熱い油を注ぐと・・これがまた美味いのよとか、

教えた頂きました。ならばと言うことで・・二つの料理
33cmの大きさでしたので、
半分/半分で ↑ の調理法で仕上げました。

e0339519_10182420.jpg
磯にてポーズはグレと赤ハタ
e0339519_10195230.jpg
他の皆さんを回収して帰港する船から見えた西の山に、
「沈む夕日」今までの夕日の中で一番きれいに見えた。ダイヤモンド・富士と言う
景観がありますが、そんな感じで山頂に夕日が重なったのです。まだ明るい時間ですが、
手前にある山は夕日からの逆光で暗く見えるから、
より一層夕日を引きだたせていました。朝陽をみて、夕日をみて、
今年の釣りは終わりました。山並みが暗く見えるでしょう。
e0339519_10192168.jpg
港に帰った時間・・まだ明るいでしょう
e0339519_10241009.jpg
今日の釣果
早朝はイッキフカセ+パン粉たっぷりのバージョン
午後からは制覇グレ+海苔の力の混合バージョン

午後からは撒き餌も変わり・グレを1尾追加しましたが、
魚種が変わったみたい?
専属カメラマンはここまでアタリはあるがゲット出来ていない・・・
岩場の散歩が忙しいようだ。
ポイントを休ませたカメラマンは。突然大きく竿を曲げた・・
強い引きが横からわかる。
姿を見せたのは・・何と!・・イシダイでした。
それからサラシの切れ目附近で平スズキを
私は、良型赤ハタをゲット・・
港に帰ると船長さんがコレが一番良い土産だよと言ってくれた。

帰ったら疲れ切ってすぐに寝てしまいましたので、
次の日から釣果のお魚を全部たべました。
(少しだけですが調理済みをご近所にお配り)

お魚メニュー
1日目= グレは・・・・・皮を炙ったお刺身としゃぶしゃぶ
1日目= 石鯛は・・・お刺身としゃぶしゃぶで頂きました
2日目=アカハタは上記の通りの調理でこれも二通りで
3日目= ヒラスズキは バターでこんがり焼いて 朝食に

今年は本当に天候/うねりに左右されて、釣りの予定日がお流れになることが
多かった年でした。
来年は・・今年の分まで行かなくっちゃねと思っている yo-ko です。
皆さん・・ちょっと早いけど・・良いお年をお迎えくださいね。     2014年おしまい

[PR]
by turihakimamani | 2015-05-04 23:17 | 残しておきたい釣行記